2013年12月22日日曜日

音楽著作権というもの

著作権の管理は非常に難しいと思います。

音楽の演奏に関して言えば、
どこで何を演奏しているかなんてすべて管理できるはずはなく、
一体あの団体はどうやって管理しているのかと思います。

著作権に関してはまだまだ勉強不足で、
様々な場合分けにおいて的確な判断ができません。
音楽に限らずあらゆる創造物に対して考えるときりがありません。

ところがそもそも現在の著作権管理は適当なのかと。
適っていないからこそ問題が起きているのだと考えます。
これはまた根本から考え直す必要がありますので、
それだけで一生を終えてしまいそうです。

このブログも文句は言われたくないので
とりあえずはJASRAC絡みの楽曲は
直接載せないことにしました。

譜面のダウンロードはすべてDL Marketというサービスに委ねています。
もちろんマージンはとられますが、
面倒な管理をすべてやってもらえることを考えると助かります。

ファンキー末吉さんには頑張っていただきたい。
何か出来ることがあればいいのですが。

2013年12月12日木曜日

Roland R-09の修理

演奏を録音するときは
主にRolandのR-09を使っています。

ところが最近SDカードを認識しなくなってしまったので
ダメもとで分解してみました。

SDカード部分の端子を
接触がよくなりますようにとちょこっと押したりして
また組み立てます。

分解と組立を繰り返すこと2回、
ちゃんと認識するようになりました。

ビス3本で分解できるとても良心的な構造ですので
もし調子が悪くなったり掃除したくなったら
(自己責任で)分解してみてください。

2013年12月10日火曜日

ぷよぷよクエスト

ドラゴンクエストでもやろうかなとiTunes Storeを見たら
ぷよぷよクエストなんてものを見つけてしまって
最近よく遊んでおります(ドラクエはどうでもよくなりました)。

ぷよぷよといえば大学のときによくやったと思う。
ぷよが夢にでてきたとき、やりすぎだと反省した記憶がある。

普段はあまりゲームをやらないので
機材を買ってまでやったのは
ぷよぷよとファイナルファンタジーである。

クエストなるこのゲームはまた中毒性がありそうで
夢にでてこないよう気をつけたいところです。
かつてmixiでやっていたサンシャイン牧場のようなキリのなさ。

ああ、そういえば
メールの返事をせずにサンシャイン牧場をやっていたら
激怒されたというささいな揉めごとを思い出した。

ぷよクエ

2013年11月22日金曜日

東京シュガーキャツ

昨日のライブに出演されていた方から
CDを購入したので紹介しておきます。

東京シュガーキャッツというバンドです。
昨日は弾き語りでありましたけども
バンドのサウンドが伝わってくるライブでした。

ボーカルには椎名林檎の影響が感じられます。
矢井田瞳も少しはいっているかな?
あくまで主観ですよ。
いずれかでも好きな方は聴いてみるといいと思います。

ジャズスタンダード的なコード進行に慣れているせいか
普段使わない流れを感じることができて新鮮です。
今度ちょっと使ってみようか、さてどこで使う?

打ち込み主流の中、
ちゃんと演奏する(?)っていいですね。

IMG_0072

2013年11月20日水曜日

対バン

明日は東京俱楽部の千駄ヶ谷店にて
対バンに参加します。
今回はボーカルイベントのようです。

開場:18:30
19:10~19:40 吉本絵夢
20:15~20:45 西美穂
21:05~21:35 芽森ちさと
22:00~22:30 金子静香
チャージ 1,575円

22:00から出演します。
リーズナブルなチャージですので
お仕事帰りに一杯飲みながらいかがでしょうか。

2013年11月5日火曜日

Afro Blue

ラテンを演奏する機会はほとんどなく
あったとしてもなんちゃってラテンです。

6/8拍子のクラーベなんかはいままで真面目に取り組んだことはありません。
いやクラーベ自体、曲を通して演奏したことがないかもしれません。

そんなわけでラテンの本を見ながら
YouTubeなんかも活用しながら
ときどき真似をしてみます。

Afro Blueは分かりやすい方だと思います。
しかしラテンを聴くといつも思うのは、
やはり感性がまったく違うこと。

なんだかんだ
日本のもみ手の手拍子、すり足の感性はしみついています。
ジャズにせよクラシックにせよ日本の音楽ではないので
その辺りは少しでも拭わないとノリが悪くなるでしょう。
なにか違う…ってやつです。

この動画、スーツは合わないんじゃないかなあ。
[youtube=http://youtu.be/yPlfoXogtdI]

2013年10月28日月曜日

One Finger Snap - Herbie Hancock

Herbie HancockのEmpyrean IslesよりOne Finger Snapを載せました。

DL marketをご覧ください。

この曲のテーマは実は冒頭の4小節のみで
続く16小節はFreddie Hubbardのアドリブであったりするのですが
Real Bookなどでは20小節のテーマとして載っています。
初めて聴いてリードシートを見ればそう思いますよね?
わたしもそう思っていました。

ちなみにわたしが所有しているCDの中では
Kenny BarronのWanton Spiritというアルバムに
One Finger Snapが収録されています。
20小節のテーマとして弾いています。

よいと思うものは採用すればいいじゃない。
ところでKenny BarronのSwing感はいいですなあ。

2013年10月26日土曜日

続 Splanky 〜Bass Line〜

前回に引き続きSplankyについて。
今回はベースラインです。
テーマ部分のみ採譜してみました。

ブルースのテーマはだいたい2回繰り返すのですが
興味深いことにベースラインが2回とも同じでした。

個人的には10小節目のラインがぶっとんでいると思います。
裏コードな上にオクターブ、オクターブとくると
とてもインパクトがあります。
しかしながらベースに注目しない限りあまり
気にならないかもしれません。

参考までに音源のキー(Db)とCのキーを載せておきますので
さらっと弾いてみてください。

ところで英語で「続」ってなんて言うんですか?

Splanky - Bass Line

2013年10月25日金曜日

Splanky - Count Basie

月並みですが定番とも言えるイントロです。
Count Basie の Splanky
エンディングにも使える音使いですので
すべてのキーでできるといいかもしれません。

左手はずっとソで
右手はミ、ソ、ドって押さえて
ミとソをちょいちょいずらすと。

Count Basieを聴くといつも思いますが
必要な音だけを弾くって素敵ですね。

DOWNLOAD-TRANSCRIPTIONをご覧ください。

ちなみに今までずっとSplankeyだと思ってました…

2013年10月21日月曜日

滑舌

なんか以前にもこんな題名の記事を
どこかで書いた覚えがあります。

昨日、とある声優さんのライブに招待していただき
高田馬場まで行ってきました。

当たり前と言えばそれまでですが
滑舌が凄まじくよかったです。
でなきゃナレーションの仕事とかできないですし。

いわゆるプロのクオリティは
気分のいいものです。

2013年10月19日土曜日

Time Capsule

今日の演奏は荒っぽかった。
もっと出したい音を明確に…反省しています。

さてHiroki Ito氏の2枚目のアルバムが
リリースされましたので、
ご視聴いただければと思います。

ホームページのダウンロードをご覧ください。

moraでも配信されているようです。

Time Capsule

2013年10月18日金曜日

Front Burner - Basie Big Band

Basie Big Bandに収録されている
Front Burnerからピアノソロを1chorus。
譜面に合いの手は省いてありますが、
実は重要だったりします。

歌っていますなあ。
シンプルって難しいですね。

譜面はこちらからどうぞ。
Front Burner - Basie Big Band

[youtube=http://youtu.be/DH20rzLLGdQ]

3'55'〜
[youtube=http://youtu.be/2X24l-4dBtg]

コヤモリ

ここ数日、我が家にヤモリのこどもを見かけます。
ピアノを弾いていたら(たぶん)天井から落ちてきました。

かなりおとなしかったので写真を何枚か。
というのも最近、はじめてのデジカメを買いまして
使いたくてたまらなかったところによい被写体が現れたと。

ヤモリは漢字では守宮、家守と書くそうです。
今度会ったらもりみやさんと呼んでおこう。

2013年10月17日木曜日

Body And Soul - Bill Evans

TRANSCRIPTIONのページに
Bill EvansのAffinityよりBody And Soulを載せました。

ダウンロードはDL Marketからどうぞ。

Red GarlandによるBye Bye Blackbirdのイントロも載せました。
こちらは無料でダウンロードできます。

2013年10月10日木曜日

楽器解体全書

フルートの運指を調べていたら
こんなページを見つけました。

YAMAHAがこのページを作った目的はともかく
なかなか興味深いと思います。

高校時代に吹いていたファゴットなんかを見てしまうと
また吹きたくなってきます。
さあYAMAHAの大人のレッスンへ!?

ちなみにファゴットは運指が難しいとよく言われました。
でもどの楽器も同じ気がするんですね。
仮にファゴットが88音の音域を持っていて
すべて違う運指だったとしたらさすがに抵抗ありますけど。
そう、必要な運指だけ覚えればたいしたことはないと。

ああ、英語が身に付かないのはこれかな?
話す必要がないから。

YAMAHA 楽器解体全書 PLUS

2013年9月29日日曜日

鶴牧東公園 ジャズフェスティバル

今日はお昼から鶴牧東公園というところへ行ってきました。
ジャズフェスティバルということでお祭り気分です。

この公園、シンプルながらとても景色がよいのです。
いやシンプルゆえ。
ドラマなんかに使われそうです。

ぱっと思いついたのはWindowsのデスクトップ
写真でもお分かりいただけるのではないでしょうか。
やはりもっとちゃんとしたカメラが欲しくなってきました。
iPodでは厳しい。

さて私たちはジャズフェスティバルにも関わらずメインはポップスでしたよ。
ほかは全てビッグバンドでした。

しかしながらやはり日本語の歌は説得力あります。
ジャズピアニストとして英語はさらっと理解したいんですけども
聴くぞと構えないと歌詞が入ってきません。

お祭り気分ながら勉強させられました。

2013年9月16日月曜日

東京カオマンガイ

今日は台風の影響で
予定していた歌伴の仕事がなくなり
家で終日、練習です。
休憩がてらブログでも書きましょう。

つい先日、久しぶりに友人のお店に行ってきました。
「東京カオマンガイ」
神田という立地にもかかわらず
リーズナブルな価格で提供しているお店です。

カオマンガイはタイ料理だそうで
分かりやすく言うとチキンライスです。
家庭でも作れるみたいですけども、
やはりお米が違うので特に食感はお店には敵わないと思います。

いやしかし料理ができるって素敵です。
写真は自宅の台所で撮った持ち帰り用です。

IMG_0053

2013年9月11日水曜日

ふんわり鏡月

昼間っから酒を飲むことはまずないのですが、
とあるプロジェクトがぶっとびまして
いまは飲まなくてはいられない状況です。
とはいえ、お酒は非常に弱いのでふんわり鏡月です。

新しいアイデアを出さねばです。
ソロピアノ?

ソロピアノと言えばHiroki Ito氏のアルバムに
ピアノで参加させていただきましたが、
2枚目のアルバムがリリースできそうです。

さて今日は何もやる気がおきないので
MacとCubaseを見に行きましょうかね。
今後の作業効率と、なにより質を高めるために。

IMG_0051

2013年9月5日木曜日

使い勝手

DAWはLogic ExpressとCubase AIを使っております。
前にも書いた通りCubaseはMIDIのみで使用していましたが、
今日は試しにCubaseでオーディオをミックスしてみました。

長年Cubaseで着メロを作ってきたせいか操作が早いこと。

しかしながらCubase AIでオーディオをミックスダウンしようとすると
曲の長さ分の時間(実時間?)かかるようです。
Logicは全力でなんとか早く書き出そうと頑張ってくれるのですが。

これはいよいよCubase 7の導入でしょうか。
パソコンの力が追いつくかどうかそれが問題だ。

スクリーンショット(2013-09-04 20.36.10)

2013年9月1日日曜日

宿題

昨日のセットリストでございます。
1st
1. Star Eyes
2. Afternoon In Paris
3. Autumn Leaves
4. Body And Soul
5. Dolphin Dance
6. Cute

2nd
1. In Your Own Sweet Way
2. Someday My Prince Will Come
3. Triste
4. Misty
5. Joy Spring
6. I Mean You

Body And Soulは結婚式では演奏してはいけない
と言ってはみたものの、
具体的に説明できず宿題となりました。

さてverseも読んでみましたが失恋の恨み節ですかね。
なるほどこれは演奏してはいかんです。

IMG_0050

2013年8月29日木曜日

2013.8.30 渋谷 KO-KO

明後日、渋谷にあるライブハウスKO-KOにて
ジャズスタンダードを演奏いたします。

柴崎にあるさくらんぼで共演して以来、
何度かお世話になっているトリオです。
よろしくお願いいたします。

鴻野くん、またFacebookのネタ(?)画像使ってしまいました。
スミマセン。

8/30(金) 渋谷 KO-KO
秋田悟志(P), 鴻野暁司(B), 尾川太郎(D)
Start20:00 2,500円
いつもお世話になっているさくらんぼトリオです

130830_flyer

2013年8月27日火曜日

KJ Art

本日は、JR中山駅またはJR鴨居駅からバスで10分くらいのところにある
KJ Artというところで演奏してきました。
いずれかの駅から「金草沢」というバス停で降りてすぐです。

しかしながら駅からのバスが分かりにくくて困ります。
もっと親切な表示があればいいのにと思います。

普段はライブハウスではありませんが
雰囲気のよいところですので、
ぜひとも聴きにきていただけたらと思います。

そうそう、
MCでベースの方の名前を2度間違えましたよ。
ホントすみませんでした。

2013年8月18日日曜日

2段

空手道の初段はたいしたことなく
本当に実力があるのは三段くらいからです。

さて先日のリハではキーボードを2台使用したのですが、
セッティングが間に合わせだったので載せておきます。

アンプの傾斜を利用しての2段目で、
会議用(?)のテーブルがまた作業しやすかったです。
アイデアはバンマスの酒井さん。

ちゃんとスタンド持ってこいという話ですが
その場にある物でとり繕うのは楽しいものです。

IMG_0045IMG_0043

2013年8月14日水曜日

Split Stereo File

MIDIの編集は圧倒的にCubaseが効率がよいのですが
オーディオでは未だLogicを使用しています。
Cubaseにすればいいじゃないという話ですけども
YAMAHAがSteinbergを買収したときから嫌になったという
しょうもない理由で乗り換えきれていません。
CubaseはMIDIの打ち込みだけ。

さていまはMS処理なるものを試しております。
これは現在の音楽が依然として音圧重視なので
仕方なく流れにのろうとしています。
音圧があると、ぱっと聴いたときの印象はいいですからね。

MS処理ではM(L+R)とS(L-R)が必要なので
2mixではLとRを別々に出力する必要があります。
Logicでオーディオをスプリットで書き出すと
*.L.aif, *.R.aif(wav)
というファイル名になります。

ところがこれらのファイルを読み込むと
2つのファイルが自動的に関連づけされてしまいます。

この関連づけに悩まされた方いらっしゃるのではないでしょうか?
これ、ファイル名を変えるだけで解除されます。
例えば、*_L.aif, *_R.aif です。
Logicは「.L」「.R」で判断しているみたいですよ。

便利なんだか…

2013年8月10日土曜日

It's A Pity To Say Goodnight

Ann Burton の He's Funny That Way
というCDを借りて聴いています。

ジャズピアノを弾いているとはいえ
まだまだ聴いたことの無いレコードはたくさんあります。
これもまたよい教材になりそうです。

このアルバムに収録されている
It's A Pity To Say Goodnight
始めて聴いたのは小林桂バージョンです。

ぱっと聴いた感じ歌い方が似ているなと思いました。
つまり彼はAnn Burtonを参考にしたのかなと。
はい、あくまでも憶測です。

ところで、
スケジュール帳に"8/18 21〜"というメモがあり
未だその内容がわかりません。
21時から何があるのか?
goodnightどころではないのです。

2013年8月5日月曜日

WAVES L3 Ultramaximizer

もっぱらプレイヤーなので
DAWにてミックスの作業なんてしないのですが
現在、懸命にミックスの勉強中です。

コンプレッサー、リミッターあたりを
日々、試行錯誤していますが
なかなかコツはつかめないものです。

原理は理解できるんですけどね
やはり予想とは違う結果になります。
ちなみに思い通りの結果が得られないと言えば
FM音源はわけ分からなかったです。

今日ははじめてマキシマイザーというのを使ってみましたよ。
WAVES L3 Ultramaximizer
ほかL1,L2とありまして音圧を上げる定番らしいです。
(現在はどうかわかりません)

びびりましたわ。
使った途端、爆音になりました(笑)

2013年7月19日金曜日

Fly Me To The Moon

いまさらかもしれませんが
Oscar PetersonのTristezaというアルバムから
Fly Me To The Moonの冒頭を採譜してみました。

シンプルながらこのノリを出すのは難しいですね。
そう、最近のトレンドはシンプルです。

あとコードの解釈は人それぞれなので参考程度に。
装飾音符も省いてありますので音源を聴いてください。

ちなみに採譜のときはだいたいCubaseなどのDAWを使用しています。
軽くテンポを合わせ込みMIDI入力していき
最終的にFinaleに読み込ませます。

テンポはセクションごとに変わっていましたよ。
人間だもの。
でも自然ですよね。
何を大事にするか考えさせられます。

Fly Me To The Moon - Oscar Peterson/Tristeza

2013年7月9日火曜日

Just Squeeze Me

シンプルなフレーズをうまく歌いあげる。
もっとね言葉を増やさないといかんです。

Jane MonheitのIn The Sunより
Just Squeeze Meの間奏を少し採譜してみましたよ。
技術的には簡単ですが、
いつ弾くか、それが難しいです。

ソロのラインのみの採譜です。
Just Squeeze Me - Jane Monheit/In The Sun

2013年6月28日金曜日

茶しぶ

コップにこびりついた茶しぶを取るときは
卵の殻を使えばよいことを知りまして
早速実行してみました。

深夜のテレビショッピングを凌ぐ驚きです。

塩でこするなど他にもいろいろと方法があるみたいですね。

IMG_0038IMG_0039

2013年6月27日木曜日

Straight To The Heart

Wordpressのトラブルにより
Straight To The Heart の記事が消えてしまったようです。

テーマは大切、
思いつかないコードもあるなあといった
話題だったと思います。

主題を大切にしつつ
アドリブを展開していきたいものですね。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=ZIwEm03vrUE]

2013年6月18日火曜日

In Your Own Sweet Way

Bill EvansのTime Rememberedというアルバムから
In Your Own Sweet Wayにおける
ちょっとしたコードプログレッション。

冒頭のテーマより
Am7 D7 | Gm7 C7 | Cm7 F7 | Bb 〜
とあるのを
Am7 D7 | Gm7 Ebm7 Dm7 C#m7 | Cm7 F7 | Bb 〜

Cm7へ向かって半音で進行させています。
Drop2ndでザザザッと下がっていけばよいと思います。

譜割りは音源を聴いてみてください。
Drop2ndの練習にもなりそうですね。

あとはCm7(b5) F7の部分で
内声を半音ずつ上げていくあたり
D → Eb → E → F
いかにもBill Evansだと思います。

2013年6月12日水曜日

Keyboard Diagram

楽譜において
ギターダイアグラムがあるなら
キーボードダイアグラムがあってもいいじゃない。
なんてことをふと考えました。

初心者にとっては嬉しい情報ではないかと思います。

ジャズにおけるLeft Hand Voicingは
基本的にオクターブ以内に収まるので
記載しやすいのではないでしょうか。

ちょっと作ってみました。
あえてのオクターブを超えてのボイシングで。
コードがこれだけ変わると煩雑ですが
1小節に1つ2つのコードであれば
それほど邪魔にもならないかもしれません。

そんな初心者向けリードシートの本を
作ってみたい音楽出版社がありましたら。

リットーミュージックあたり
やってくれそうなんですけどね(笑)

keyboardDiagram

曖昧なのさ

イヌは1点、トリは4点、ではチョウは何点?
という問題を見かけました。

なるほどと思ったけども、
肝心のチョウがねぇ、
ど忘れしてしまいました。

やはりパソコンや携帯ばかりでは確実に衰えますね。
視覚と脳の曖昧さを痛感します。

文字を入れ替えても読める記事を思い出しました
Aoccdrnig to rsereach at an Elingsh uinervtisy, it deosn't mttaer in waht oredr the ltteers in a wrod are, the olny iprmoetnt tihng is taht frist and lsat ltteres are in the rghit pclae. The rset can be a toatl mses and you can sitll raed it wouthit a porbelm. Tihs is bcuseae we do not raed ervey lteter by istlef, but the wrod as a wlohe.
(出典不明です)

読めますね。

2013年6月7日金曜日

パンダ

名刺やカードの整理をしていたら
WWFの会員証が出てきました。

パンダってイラストだから可愛いのだと思います。
闘っても勝てる気がしません。

クマはかっこいい。

ところで動物園へ行くとクマに限らず
同じような範囲を行ったり来たりするのは
なぜなのでしょう?

485605_273013542839013_325835255_n

2013年5月29日水曜日

鼻音

かなり長い間お世話になってます
バンドの名前が決まったようです。

NongKrong
インドネシア語で「皆で集まって雑談」と言う意味だそうです。
発音はHong Kongのような感じなのでしょうか?

決めるのに一悶着あったので
「モンチャック」はどうか?とドラムの方の提案もありました。
自分が決めようとすると100%こっちの方向でしょう。

語感からのみの連想で全く関係ありませんが、
チャットモンチーのサウンドは個性があっていいですね。

2013年5月26日日曜日

バリスタ

この缶コーヒーがけっこう美味しい。
さて自宅で近い味が出せないものかと考えます。

味を最も支配しているのはやはり豆なんですよね?

キリマンジャロ:ブラジル:コロンビア=1:8:1
とあります。

まずはブラジルの豆を使えば近づきますか?
こだわりのある方に聞くのが近道ですね。

とここまできて
コーヒーが好きかというとそうでもなくて、
日本茶の方が好きですよ。

IMG_0027

2013年5月24日金曜日

柔軟性

自宅から数分のコンビニに観光バスが止まってまして、
記念撮影してたり、お土産買ったりしてて。

もっといいとこあります。
とは言えるはずもなくコーヒーを買って帰ってきた。

しかしながら、こちらでは当たり前のコンビニも
向こうでは珍しいことも十分あり得るわけで。

偏った考え方はいけないと
いろいろな可能性を受け入れる。

音楽においても
おかしいと言うまえに
その可能性を肯定的に考えることにしています。

IMG_0026

iRig CASE

レッスンで使おうと
IK Multimedia の iRig KEYS を購入。

ケースが無いので
同じ鍵盤数をもつメロディオンのケースが使えないかと試してみたところ、

ぎりぎり…入らない。
ほんとにあと少し頑張ってくれれば。

ユザワヤに行って
作り方を教えてもらいましょうか。

IMG_0023IMG_0024

2013年5月17日金曜日

よそる

自分が正しいと思っていたことが
間違っていることはよくあります。
ご飯をよそう。
いつまで勘違いしていたかは忘れましたが、
ずっと「よそる」だと思っていて
ラ行五段活用してました。

ところでコードネームにおいてよく間違えるのは
今までの生徒さんの傾向ではmと7です。

Cm7のときm7で一つの記号として読んでしまう。
mと7を分けて考えましょう。

つまりCmM7では
1. ルートを読んで(C)
2. 3度を読んで(m)
3. 7度を読む(M7)

そう、CM7は
Cと(mが無い)とM7なんですね。

DOWNLOADから、
コードネームの基本をご覧ください。

正確に読めるようになったら、
コードの色彩も想像できるとよいと思います。

あとは目安程度にとどめておいて
音楽を楽しみましょう。

2013年5月12日日曜日

エビデンス

evidence
これをカタカナにした日本語がすでにあるんですね。
知りませんでした。

カタカナ英語は日々、増えていっているんだと痛感。

イニシアチブが出て来たときは衝撃的で、
デスニーランドみたいだなって思った。
マニフェストなんかも浸透してるし。
ディシプリンを見たときは、さすがに無いなって。

カタカナッテスゴイ。

容疑者「おれがやったって、エビデンスはあるのか?」
刑事「エビデンスってなんだ?」
容疑者「おれもよく分からない」

2013年5月9日木曜日

いつでしょ?

家で電話が鳴るとすぐに出なきゃと思います。
ところがメールは即座に見ないことの方が多い気がします。
実際のところ気がつかないこともよくあります。

電話にすぐ出るのは、呼ばれている感覚もあるし
単純に着信音がうるさいというのもありますね。
メールの着信も、読み終わるまで鳴り続けるなら
読まなきゃって思います、きっと。

すぐに返信が欲しいときは電話、
万が一、返信がなくてもいいか〜っていうのがメール、
くらいに思ってます。

すぐに結果を求める昨今、
いっそのこと電子メールを送ったら、
郵送と同じくらいの時間がかかるようにしたらいかがでしょう。
しかも場合によっては届かなかったりして。

さらに拡張して、
Googleなどで検索すると結果は1日後とか。

仕事にならないかもしれませんが、
結果が時間差でくるだけなので
頭を使えば仕事は可能だと思います。
あっ、届かないのはまずいですね。

ゆるりゆるりと待つのはいかがですか?

さて、
この投稿が反映されるのはいつでしょう?

2013年5月7日火曜日

続・五線譜のラブレター

Cole Porter の Let's Do It の歌詞は実はきわどい。
という話を聞き、
「let's do it cole porter」
な感じで検索してみました。

Let's Do It, Let's Fall In Love
てっきり「おもいっきり恋をしましょうよ」
という意味だと思っていたんですけど、
do itの意味はそうでもないようです。

ちなみにビートルズの
Why Don't We Do It In The Road
の do も同じ意味だそうです。

両方ともセックスを意味しているそうですよ。

今度、演奏する機会があるときは
笑顔で演奏していると思います。

Ella Fitzgerald

2013年5月4日土曜日

ジャケ買い

中身はただのポッキー。
ただ外身はスヌーピー。

最近、スヌーピーに遭遇しては購入しています。
特別スヌーピーが好きという訳ではなく、
犬が好きというだけ。

ちなみに本の中身は、
(ほぼ4コマ)漫画ひとつひとつに対して、
そこから得られる教訓を人生に生かそうという内容。
行間を読み過ぎだろうと突っ込みたくなるくらい
深く読んでます、この著者。

行間読みが面白かっただけで、
生き方を探してるわけじゃないです。
あと、スヌーピーの財布を拾ったら
けっこうな確率でわたしのだと思います。

IMG_0020

2013年5月3日金曜日

五線譜のラブレター

誕生日にいただいたDVDを観ました。

コールポーターの曲はジャズでも
スタンダードとしてよく取り上げられますが、
2時間みっちり聴く機会はなかなかないものです。

とまあ、
どうしても楽曲が気になってしまいます。
エンドロールで流れた曲名はメモしたり。

何が良かったって、
歌詞が日本語で流れてくれる。
字幕ってステキ。

英語も頑張って聞き取ってみますけど
所詮は受験英語ですんで曖昧です。
スピードラーニング必要ですかね?
ちなみにビリーザブートキャンプはやったことあります。

ジャズのライブも色々と考えさせられます。
歌ものは歌詞より歌声とかを聴いているだけではないかと。

日本の歌もぜんぶ日本語にすればいいのにと思うんですけどね。
これが歳をとるということかもしれません。

IMG_0016

2013年5月1日水曜日

胃腸薬

胃腸薬といえば
正露丸しか飲んだことないです。

そういえば子どもの頃は
セイロガントウイエーでひとつの単語だったなあ。

パンシロンでパンパンパン。
ノンクロンでノンノンノン。
意味分かりません。

かつてバンド名の候補としてノンクロン、
というのが挙がったんです。
なかなか思いつかない単語。

わたしが考えるとどうしても
笑いに向かっていくので
黙っているのが最善策です。

2013年4月30日火曜日

スイングするジャズ

本日は京王多摩川のアンジェにて
ボーカルとピアノのデュオ。

ボサノバといいつつ
全て同じ伴奏だと聴衆も飽きるであろうと
ポップ?な伴奏をしてみたり。

4ビートはとにかくスイングさせようと努力してますが
なかなか納得できないものです。

2013年4月29日月曜日

毛布のつかいかた

猫の写真で思い出した。

毛布は掛け布団と敷き布団の間に敷くものと思っていたが、
場合によっては掛け布団の上に敷いた方が保温効果があるらしい。

言われてみれば、
猫は毛布を外側にまとっている感じだが。
流行り具合は未知数、着る毛布というやつですね。

ともかくは、いずれか実践してみて
心地よい方を正解としておこう。

2013年4月28日日曜日

フローラルガーデンANGE

京王多摩川駅前にありますフローラルガーデンANGEにて演奏してきました。
駅前というのがすばらしい。

時期がよいのか、小さい(?)花がきれいでした。
毎日、花を見にいくという行動はなかなかとれませんが、
動物園へ行って動物の成長を見に行くがごとく
花を見に行ってはいかがでしょうか。

こういうときに
そこそこいいカメラが欲しくなります。

IMG_0007IMG_0009IMG_0010IMG_0011IMG_0012IMG_0013IMG_0014

2013年4月24日水曜日

柴崎さくらんぼで共演したから

明日は、渋谷KO-KOにてピアノトリオです。
もともとは、
小梶幸子 with さくらんぼトリオ
でしたが、ピアノトリオ中心になりました。

セロニアスモンクの曲などをやろうと思っています。
当然ながら歌モノもあります。

自分としては普段どおりのライブのつもりですが、
メンバーはわたしの誕生日を意識しております。

ぜひお越し下さいませ。

130424_flyer2

渋谷KO-KO from SONOKA
東京都渋谷区道玄坂2-26-5 ひまわりビル2F

大きな地図で見る

2013年4月23日火曜日

白楽 Blues ette

4/20は白楽駅前にあるBlues etteでの演奏。
西葛西のNESTに続き初めての出演でした。

比較的テンポの速い曲が多かったですね。

この程度で手が固まってはいけないと思いつつ、
いつの間にか乳酸はたまっていきます。

いくらでも弾けるように
要領よく体を使いたいもんです。

ちなみに休憩中のBGMはまたもやBill Evansで、
You Must Believe in Springというアルバム。
つい聴いてしまいます。
氷点下にいるような感じ。

さて4/24は、いつもお世話になっている渋谷KO-KOです。
よろしくお願いします。

2013年4月18日木曜日

西葛西 NEST

昨日は、西葛西にあるNESTにて
ジャムセッションのホストをしてきました。

NESTは初めて。
そして西葛西で降りるのも初めて。

オーディオ機器がたくさん置いてあり、
音響にこだわりがありそうなお店。

実際、BGMでは
Bill Evans & Jim Hall の Intermodulation
がずっと流れていたのですが、
良い機材で聴くと空気感がまったく違いました。

セッションの雰囲気もよかったです。
演奏のない日もBGMと共にお酒が飲めるので、
ちょっと立ち寄りたくなるお店です。

2013年4月16日火曜日

MuseScore

無料の譜面作成ソフトです。
メインのインタフェースはKAWAIのスコアメーカーに似ていると思いました。
キーボードのショートカットはFinaleをかなり意識しています。
慣れればけっこう役に立ちそうなソフトです。
http://musescore.org/ja

洗足オンラインスクール

音大受験のためでしょうか。
いろいろと遊べます。
ソフトキーボード(ピアノ)の音色が無駄にリアルです。
ソルフェージュは結構、役に立つのではないでしょうか。
http://www.senzoku-online.jp/index1.php

Chopin 12 Etudes

雑誌「CHOPIN」と上野学園大学によるショパンのエチュードの公開レッスンです。
http://www.uenogakuen.ac.jp/12etudes/index.html

IMSLP

無料で使用可能な楽譜ライブラリーです。
著作権に関してはパブリックドメイン等の確認はした方がいいかもしれません。
http://imslp.org/wiki/Main_Page

Studio One Free

無料のDAWです。
さすがにプロレベルでは使用できませんが、
初心者には十分な機能を備えています。
http://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/free/

Garage Band

PCで作成したGarage Bandのファイルを無理矢理iPadで読み込ませることができます。
ターミナルにてGarage Bandのファイル(*.band)のディレクトリへ移動し、以下のコマンドを実行します。

sed -i.bak 's/i386/iPad2,1/g;s/macos/ios/g' projectData
sed -i.bak 's/i386/iPad2,1/g;s/macos/ios/g' Output/metadata.plist

上記で生成されたバックアップファイルを削除したいときは、
rm *.bak Output/*.bak

iPadのGarage Bandは音色、音域等の制限が多いので全てを正常に読み込めませんが、
どうしてもというときに使ってみてください。
パラメータは多少、違うかもしれません。
変更は自己責任でお願いします。

So What Voicing

ギターの2弦から6弦を全て鳴らしたとき、
いわゆる So What ボイシングになります。

ピアニストにはまったく役に立たないかもしれませんが、
So What Voicing 何ぞやという方には活用していただければと思います。