2014年4月18日金曜日

ルビー

右手の親指を豪快に挟んだら
なかなか奇麗な豆ができたので
記念にアップロードしておきました。

常に慎重に行動とはいかなくて
気を抜いていたときにこういう事が起きると。

いてぇ……

いてぇ

2014年4月17日木曜日

The Song Is You - Oscar Peterson

Oscar PetersonのPlays The Jerome Kern Songbookより、
"The Song Is You"を採譜しました。
アドリブ1コーラス分です。

採譜する度に思いますが手が大きい!
なので手の小さい方は左手はそのまま弾けません。
わたしは10度は指を引っ掛けないと届かないです。

さて弾いてみて思ったのは、
右手と左手が独立していること。
大抵はいずれかの手につられてしまったり、
パラディドルのように左右セットで刻んでいたり。
アドリブのときはなおさら難しいと思います。

独立と言えば、
何年前でしょうか渋谷のKO-KOがまだ小さい店舗のころ、
ジャズピアニストの高橋聡さんから
「バッハのインベンションはやっておいた方がいい」と言われました。
当時はクラシックの経験が全くなかったので、
この一言で演奏に対する姿勢が一変しました。
いまでも感謝しております。

さて左手の10度はあきらめるとして
(手の小さい方はうまく擬似的なサウンドにしているそうです)
心地よいスイング感は日々追求していきます。

ダウンロードはDL Marketからどうぞ。

2014年4月12日土曜日

Toronto Zoo Polar Bear Cub

YouTubeにて
「Toronto Zoo Polar Bear Cub」
と検索してみてください。

シロクマのぬいぐるみならぬ
シロクマの赤ちゃんの動画が見られます。

なぜここに行き着いたのかそれが謎でありますが、
赤ちゃんは反則ですね。
可愛くないわけがない。

[youtube:https://www.youtube.com/watch?v=haly2uC69xw]

2014年4月4日金曜日

なぜか速く演奏する曲

4/5は調布にありますGINZの音楽教室の発表会です。
いろいろなジャンルを演奏するので
普段は聴かない曲にも出逢えてなかなか面白いのです。

当然(?)ジャズもありまして
今回の中で手強いのが What A Little Moonlight Can Do。
Dianne Reevesのバージョンを伴奏させていただきます。
拍子をとりながら何回か聴くとなんとなく分かってきましたが
冒頭からの歌い回しが手強い。
Mt.Fuji Jazz Festivalで原型をとどめていない(何の曲か分からなかった)
Body And Soulを歌っていたのを思い出しました。
[youtube:https://www.youtube.com/watch?v=EeUawwLgsLg]

しかしこの曲は早く演奏する傾向がありますね。
YouTubeで見つけた最速はこちら。
べつに速く演奏する必要はないですけれど
この速さで余裕が持てるようになりたいものです。
[youtube:https://www.youtube.com/watch?v=QYvg1FDEvoY]

ところで Carmen McRae ピアノもうまいです。
ほんとノリをわきまえているといいますか素敵でございます。
[youtube:https://www.youtube.com/watch?v=qb76SknaNck]