2017年9月16日土曜日

意外なコードの覚え方

とある生徒さんから
「m7は短長短の和音ね。」
と興味深い発言をいただきました。
コードを覚えるのに苦労されている方には役に立つかもしれません。

スケールの覚え方で有名なのは
「全全半全全全半」、「全半全全半全全」
ではないでしょうか?
小学校か中学校で習った記憶があります。

コードでも同じように考えたのが「短長短」だと思います。
「短長短」とは「短3度、長3度、短3度」のことです。
たとえば「Cm7」ならば構成音は「C, Eb, G, Bb」です。
C-Eb(短3度), Eb-G(長3度), G-Bb(短3度)

ちなみに「M7は長短長」です。
同様にm7(b5)や7も覚えられることでしょう。
語呂を考慮して「短長短長」「長短長短」とすると9thまで含まれます。
覚え方のひとつとしてとても面白いと思いました。

しかしながら個人的なオススメはダイアトニックコードから覚える方法です。
相対的、絶対的それぞれ考え方があり、
絶対的とは音楽を縦に切り取ってその瞬間だけを捉えたイメージです。
一方、ダイアトニックコードは相対的で横だと思っています。
コードの色彩を感じるためには必要な覚え方ではないでしょうか。
両者をうまく使い分けてみてください。